チェーン確認切り替えボタンの表示方法と使い方

雑談

害悪デッキファンの皆さん こんにちは!ふぉいです!!

遊戯王デュエルリンクスではカードの発動が出来る状況になると、カードを発動しますか?と確認してくれます。

このシステムを利用して、相手の伏せカードを読んだり、自分の伏せカードを勘違いさせたりすることができるのです!

そんなの知ってるよ^^;という方ばかりだと思いますが(笑)一応重要なので、説明しておきます。

まず、設定の方法ですが

デュエル中に赤〇のところをクリック!

ボタン切り替えに✔を入れればOK!

設定は以上です。(デュエル中でしか変更できないっぽいですね…)

すると、デュエル画面左下にボタンが出たと思います!

それをタッチすると、AUTO.OFF.ONと切り替わるので、これを駆使して相手を翻弄させていきましょう(笑)

AUTOの使い方

AUTOはこの設定を行う前と同じ頻度で、チェーン確認が入ります。基本はこれにしておけば問題ないです。

OFFの使い方

これはその名の通り、一切のチェーン確認が行われません!なので、切り替えるときは注意しましょう。

ただ、害悪デッキを使用してく上では、かなり重要な役割を果たします。

なぜなら、フリーチェーンで発動できるカードしか伏せていない状況でも、これをOFFにしておくことで、伏せカードを除去する動きを強要することが出来るからです!

相手視点、除去できる伏せカードは除去するだけでアドですし、攻撃反応などのカードは強力な効果を持っていることが多いので、それなら伏せカードを除去する動きをしよう!となるわけです。

これのなにが強いかというと、モンスター効果にしろ、罠魔法にしろ、相手の伏せカードを除去するには、なんらかのリソースを、消費しなければならいないことが多いです。

つまり、リソースを消費させたうえで、その効果にチェーンして、カード発動できれば、1枚でリソースを潰しつつ、盤面を有利に出来て爆アドなんです!!(害悪使いの僕はこの瞬間が大好物ですw)

しかし、注意しなくてはならないのが、相手のデッキ内容やカード効果をよく理解してないのに、これをやると、OFFにしてたらなぜか破壊されてた…なんてことがあるので、見慣れないデッキ相手にはONかAUTOにしましょう(笑)

ONの使い方

発動できるすべてのタイミングで発動確認が入ります。

AUTOの場合、そのカードが発動できる最上位のタイミングで確認が入るので、一々確認が出ず、ストレスがない反面、カードの効果や状況によっては、効果を使用するタイミングを逃すことがあります…

例えば、自分の伏せカードに「モンスターの攻撃力をアップさせる」カード罠魔法カードがセットされている時、相手モンスターから攻撃を受けたという状況とします。AUTOのままだと、他に発動できるカードがない場合、攻撃宣言時とバトルステップを飛ばして、ダメージステップに発動確認が入ります。

ダメージステップで発動できるカードはダメージステップで発動するのが基本なので、問題はないのですが、特定の場合においては問題になります。

例えば、墓地にバージェストマ・カナディアがあるとします。(罠カードが発動した時に墓地から蘇生されるカード)

この状況で、ダメージステップに発動できる罠カードを伏せていました。相手が攻撃してきたので発動して、さらにカナディアを蘇生させたい。

こんな場合において、AUTOのままだと、すぐにダメージステップに入ってしまうので、罠を発動させたのにカナディアが蘇生されない!!となるわけです。(ダメージステップではモンスター蘇生等は出来ない)

他にも、3枚伏せている状況で「伏せカードを全て破壊する」という効果を相手が使用してきた場合、3枚全て使用できるカードだったのにも関わらず、1枚使ったらチェーンが終わって残り2枚を使用できなかった…

など発動できるはずなのに、発動できない現象など、AUTOだと起こりますが、ONなら起こりえません。

最後のは、さっき説明した設定から、自己のチェーンなしをありにすれば解決しますが、ありにしてると一々自分の行動に発動確認してくるので面倒くさいですし、それによって、速攻魔法持ってるな…とか相手にばれるので私はなしをオススメしてます。

少し脱線しましたが、このように、AUTOだと損をする場面もあるので、重要、特殊な場面、一度に発動するカードが多い場合などはONにして、それ以外はAUTO、OFFと使い分けるのがオススメです!

長くなりましたが、ON.OFFだけでも相手をかなり翻弄し、誘導していけるので、是非マスターして、本物の害悪デッキ使いを目指していきましょう!(笑)

最後までお読みいただき、ありがとうございます(T_T)

今日も害悪プレイでニヤニヤしているふぉいからでした~^^;

コメント ご意見、ご提案、リクエストなど、気兼ねなくどうぞ!